« 日置川リバーSUP 2015.02.01 | トップページ | 由良川リバーSUP 2015.02.21 »

奈良吉野川リバーSUP 2015.02.11

フィンヒット前提であれば十分楽しめる。
各瀬も比較的楽なルートでクリアできるギリギリの水位。
上市1.05m,栄山寺-0.70m 大滝ダム放流5t
S_20150211_narayoshinogawasup_miyak

ボーリング場下の浅すぎるドロップは避けてヤナ下からプットイン。それでもいきなり浅いが、リバーのショートフィンセッティングであれば問題なし。ドロップはカヤックならカートができる。
S_20150211_narayoshinogawasup_miy_2

S字では、一段目のウェーブを嫌った結果、二段目でバランスを崩し落水。
再挑戦で割りきって一段目をホールパンチングしクリア。
S_20150211_narayoshinogawasup_miy_8

多少期待していたカルディアあたりは、残念ながらウェーブはなし。

カルディア下のドロップはバックウォシュさえ突き抜けられれば、誠に素直なラインだ。

神社下は、右岸側から入ってラストに真ん中へ抜ける、いささか取りにくいルート。瀬のボトムにあるプレイホール自体は、浅いドロップでカヤックでも遊べない。

芝崎の上下は、ウェーブなどは特にないが、瀬下りには悪くない。
S_20150211_narayoshinogawasup_miy_6

天理はルートが多少難しくなるが辛うじて下り抜けられるコンディション。
S_20150211_narayoshinogawasup_miy_7

長い瀞場を挟んでその下のスロットは、荒れているが素直なルート。スピードを出して抜ければよい。
そこからは、ツーリング感覚で渓谷を楽しみ、アヒルに至る。
10965279_803221259752540_390458614_

アヒルは、上段のバックウォシュの強いウェーブは不可避であるので、それ以後のルートを確実にできるように、覚悟を決めて突き抜ける。

この水量では、瀞場の流れは弱い。折から、春の気配を運ぶ午後からの強い向かい風で、漕ぎがきつくなる。

【当日のデータ】
水量:上市1.05m,栄山寺-0.70m 大滝ダム放流5t
プットイン:ヤナ下
テイクアウト:芝崎
所要時間:2.5時間
距離:8.8km
ボート:インフレータブルSUP
グレード:3級

« 日置川リバーSUP 2015.02.01 | トップページ | 由良川リバーSUP 2015.02.21 »

リバーSUP」カテゴリの記事

平水系」カテゴリの記事

紀ノ川系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1140581/58919881

この記事へのトラックバック一覧です: 奈良吉野川リバーSUP 2015.02.11:

« 日置川リバーSUP 2015.02.01 | トップページ | 由良川リバーSUP 2015.02.21 »

ウェブページ

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ