« 吉野川小歩危(堂床~大滝) 2014.12.30 | トップページ | 奈良吉野川リバーSUP 2014.01.18 »

宇治川SUPツーリング 2015.01.04

2015年の初漕ぎ。前日決行の予定が記録的な大雪で翌日に変更。それでも残雪の中、雪見ダウンリバーとなった。
天ケ瀬ダム放流93.5t, 宇治1.23m
S_20150104_ujigawasup_miyake_9

平等院の初詣渋滞を回避して、山越えで左岸スタート地点へ回送。
S_20150104_ujigawasup_miyake_1

天ヶ瀬ダムは100t近い放水。プットインの瀬もなかなかの迫力だ。
S_20150104_ujigawasup_yamahara_2

S_20150104_ujigawasup_yamahara_5

塔の島の工事の水止め板も水面からほとんど露出していない水位。
序盤に続く瀬は、かなりスピードが速い。
S_20150104_ujigawasup_miyake_16

最注意地点の宇治橋の瀬もルートが広くなり、楽に通過できる。
S_20150104_ujigawasup_miyake_18

中盤以降に現れる流れを左右に分ける中洲も、今回は川底に沈み、ほとんどルート取りを必要としない状況。
S_20150104_ujigawasup_miyake_27

サンケイ生コン脇の瀬の倒木と、新天地した右岸ルートの強烈なボイル地帯は、変わらずに注意が必要。
S_20150104_ujigawasup_yamahara_16

豊富な流量のおかげで、いいペースで下流へ運んでもらい、飽きがこないうちに観月橋にたどり着く。
S_20150104_ujigawasup_miyake_29

観月橋の手前から、毎回向かい風に悩まされる。とりわけ、前回は強烈で、所定のテイクアウトまでたどり着けず三栖閘門で上がる異常事態だったが、今回は南西の風2mの向かい風だが問題なくテイクアウトまで到着。
このくらいの水量がベストなようだ。また、向かい風も2mまでなら楽に下れる。

【当日のデータ】
天ケ瀬ダム放流93.5t, 宇治1.23m
プットイン:天ケ瀬ダム下右岸志津川合流
テイクアウト:右岸新高瀬川合流京大防災研究所前
距離:10.69km
所要時間:2時間
ボート:インフレータブルSUP(STARBOARD ASTRO TOURNG 12'6")
グレード:2級

« 吉野川小歩危(堂床~大滝) 2014.12.30 | トップページ | 奈良吉野川リバーSUP 2014.01.18 »

リバーSUP」カテゴリの記事

宇治・瀬田川」カテゴリの記事

平水系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1140581/58513516

この記事へのトラックバック一覧です: 宇治川SUPツーリング 2015.01.04:

« 吉野川小歩危(堂床~大滝) 2014.12.30 | トップページ | 奈良吉野川リバーSUP 2014.01.18 »

ウェブページ

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ