« 宇治川SUPツーリング 2015.01.04 | トップページ | 木津川リバーSUP 2015.01.25 »

奈良吉野川リバーSUP 2014.01.18

フレンドリーナラヨシ。
迫力は幾分出て来るが、コースは素直で下りやすいベスト水量。
神社下、アヒルには中途半端で、大きなプレイスポットはできていない。
大滝ダム放流10t, 五條1.56m, 栄山寺-0.60m
S_20150118_narayoshinosup_yamahara_

雨雪がやっと上がった冬晴れ。
今年初のナラヨシは、季節外れの水位アップの機会を逃さずに、ロングコースでダウンリバー。
S_20150118_narayoshonogawasup_miy_7

低水位ではライン取りに苦しめられるのが、下市のプールからヤナ下までの区画。しかし今回は、非常に素直なルートでそのまま抜けられる。
S_20150118_narayoshinosup_yamahar_2

S_20150118_narayoshonogawasup_miy_2

バックウォッシュが大きく迫力があるS字。右寄りにホールパンチングを仕掛けたら、下のテーブル岩に寄せられてしまった。やり直して左寄りのルートでクリア。
S_20150118_narayoshonogawasup_miy_3

神社下はルート狭いながら右寄りで降下。スポットは詰まったホール。残念ながらSUPではプレイできない。
S_20150118_narayoshinosup_yamahar_4

芝崎は、フラットで素直過ぎる程真っ直ぐに抜けられる。ただし、最後にきつめのエディライン。
浅いとポーテーシの判断も必要な天理も、今回は少しフィンヒットしたが真ん中ルートで余裕の通過。
S_20150118_narayoshonogawasup_miy_4

S_20150118_narayoshinosup_yamahar_3

瀞場を過ぎてのスロットも落差は少なめ。
浅いテトラの瀬、大昭橋の瀬も難なく通過。
後半に続く瀞場も今回は、ゆっくりだが、確実に流れていて、楽である。
S_20150118_narayoshonogawasup_miy_5

アヒルはウェーブホールだが、長いボードには不向き。
あとは、瀞場とちょっとした瀬を越えてゴールの栄山寺。
10872665_783786485034136_1879325425

ボーリング場前のテトラアート。
いつまで保っていられるか?
S_20150118_narayoshonogawasup_miy_6

【当日のデータ】
水量:大滝ダム放流10t, 五條1.56m, 栄山寺-0.60m
プットイン:水道橋
テイクアウト:栄山寺
所要時間:2.5時間
距離:12km
ボート:インフレータブルSUP[STARBOARD ASTRO DRIVE ZEN]
グレード:3級

« 宇治川SUPツーリング 2015.01.04 | トップページ | 木津川リバーSUP 2015.01.25 »

リバーSUP」カテゴリの記事

平水系」カテゴリの記事

紀ノ川系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1140581/58645557

この記事へのトラックバック一覧です: 奈良吉野川リバーSUP 2014.01.18:

« 宇治川SUPツーリング 2015.01.04 | トップページ | 木津川リバーSUP 2015.01.25 »

ウェブページ

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ