« 宇治川SUPダウンリバーツーリング 2014.12.13 | トップページ | 吉野川(池田~半田)SUPツーリング 2014.12.27 »

日高川リバーSUPツーリング 2014.12.14

雪見ダウンリバー。水は澄み、風の影響も少なく、フィンヒットに神経を使うこと以外は、この時期としては極めて快適なツーリング。
金毘羅橋から下流はバックウオーターで流れは消失。
椿山ダム流入14.6t, 貯水位194.43m, 龍神0.62m
S_dsc03533

水位・ダム流入ともに前回と同レベルの値を示すが、実際には若干少ない印象。
甲斐ノ川セクションは出だしのドロップから既にギリギリの水位である。
S_dsc03520

甲斐ノ川セクション中盤のドロップは左岸からポーテージ。
甲斐ノ川エンドの放水口から大量に流入があり、水量が約2倍増し。
S_dsc03524

しばらく進むと長い瀞場の後に大きな堰堤に出る。
今回はコンクリに水がかぶっておらず、直接乗り上げてポーテージ可能。
ただし右岸側から盛大に水が抜けているので、左岸ベタからが足場もよく望ましい。
S_dsc03537

そのあとはザラ瀬と瀞場が軽快に続き、豊富に変化する流れの様子が楽しめる。
ルート取りはフィンヒットを回避しながら神経を使うことになるが、ツーリングのグレードとしては、きつ過ぎることもなく飽きさせない。
S_dsc03544

残置された落ち鮎止めの杭があるので、注意しながら抜ける。
S_dsc03546

300mを超える長い瀬を2つ過ぎると、背の高い赤いペンキの金毘羅橋が見えてくる。
川は国道から離れ、さらに渓谷を奥へ進んでいくが、この日はダムのバックウオーターが上がり、瀬があるのはここまでである。
前回下った総距離より約3km短いここでテイクトとした。
S_dsc03553

【当日のデータ】
水量:椿山ダム流入14.6t, 貯水位194.43m, 龍神0.62m
プットン:鍋坂ダム(甲斐ノ川スタート)下左岸
テイクアウト:金毘羅橋右岸
距離:9.3km
ボート:インータブルSUP(STARBOARD ASTRO DRIVE ZEN)
グレード:2.5級
所要:2.5時間

« 宇治川SUPダウンリバーツーリング 2014.12.13 | トップページ | 吉野川(池田~半田)SUPツーリング 2014.12.27 »

リバーSUP」カテゴリの記事

平水系」カテゴリの記事

日高川系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1140581/58275086

この記事へのトラックバック一覧です: 日高川リバーSUPツーリング 2014.12.14:

« 宇治川SUPダウンリバーツーリング 2014.12.13 | トップページ | 吉野川(池田~半田)SUPツーリング 2014.12.27 »

ウェブページ

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ