« 吉野川大歩危(国境~堂床)SUP 2014.12.28 | トップページ | 吉野川小歩危(堂床~大滝) 2014.12.30 »

吉野川大歩危(大歩危国境~小歩危鉄橋)SUP 2014.12.29

歩危峡の動と静を楽しむ。
ポーテージ無しで下る、距離とグレードのバランスの良いコース。
そして、クライマックスは小歩危鉄橋の瀬。
池田ダム流入37.37-33.89t, 豊永0.05-0.04m
S_20141229_oboke_safarihigakure_15

大歩危国境の瀬をスタート、ゴールは前日の堂床から更に延ばして、小歩危のサンリバーまで。
S_20141229_oboke_safarihigakure_1

S_20141229_oboke_soramirunishihara_

今回のメンバーは、前日に続き「そらみる」の西原さん、そして「サファリ」のガイド日隠さん。
晴れの予報は見事に裏切られ、前日と同じく雨の中。
S_20141229_oboke_miyake_41

一晩中降った雨で、5cmほど水位が上がって、心持ち下り易くなっている気がするが、依然フィンヒットには注意。
ターコイズグリーンの澄みきった水と、クラス3の本格的ホワイトウォーターの瀬が、遊船の瀞場まで小気味良いテンポで続く。
S_20141229_oboke_safarihigakure_19

S_20141229_oboke_safarihigakure_7

中でもメインは、国境、ラピス、そして、「まんなか」下のしあわせの滝の瀬になるだろう。
S_20141229_oboke_safarihigakure_2_2

S_20141229_oboke_miyake_43

まんなかを過ぎて、遊船に進路を譲りながら1.5kmの長い瀞場を漕ぐ。
S_20141229_oboke_miyake_4_2


前日ゴールの堂床のスロープをすぎて、森囲いの瀬の手前のサンリバーまで。
S_20141229_oboke_miyake_45

S_20141229_oboke_safarihigakure_23

小歩危コースの序盤に位置する鉄橋の瀬は、形が変わって、三段のウェーブが連なり、コース取りが難しい200m以上の長い瀬である。瀬の半ば左岸エディキャッチのルートを狙い2回挑戦したが、クリアならず。
S_20141229_oboke_safarihigakure_36

コースを通して、「完立ち」はならなかったが、それを狙える可能性を感じて終了した。

【当日のデータ】
水量:池田ダム流入37.37-33.89t, 豊永0.05-0.04m
プットン:国境の瀬
テイクアウト:サンリバー
距離:11.5km
ボート:インータブルSUP(STARBOARD ASTRO WHOPPER DX)
グレード:3級
所要:3.5時間

« 吉野川大歩危(国境~堂床)SUP 2014.12.28 | トップページ | 吉野川小歩危(堂床~大滝) 2014.12.30 »

リバーSUP」カテゴリの記事

四国吉野川系」カテゴリの記事

平水系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1140581/58490318

この記事へのトラックバック一覧です: 吉野川大歩危(大歩危国境~小歩危鉄橋)SUP 2014.12.29:

« 吉野川大歩危(国境~堂床)SUP 2014.12.28 | トップページ | 吉野川小歩危(堂床~大滝) 2014.12.30 »

ウェブページ

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ