« 青野ダム千丈寺湖SUP 2014.11.30 | トップページ | 宇治川SUPダウンリバーツーリング 2014.12.13 »

奈良吉野川SUP 2014.12.06

楽しい瀬下り、しかしフィンヒット頻発、最大限短いフィンの用意を推奨。
これが下限水位?
S_dsc03494

うっすら雪化粧した葛城や金剛の山々を越え、ミゾレ降るナラヨシヘ。
この悪天候に師走の繁忙期ともなるとやむを得ず自転車回送になる。
Dsc_0026


現地到着12時過ぎにもかかわらず、敢えて 下市のプールから栄山寺までのロングコース。45分かけて回送し、2時間で下りきる。

ボーリング場前の瀬は、浅いが左岸コースでギリギリ通ることができる。

長い瀞場を過ぎてのドロップは、右岸寄りの水が一番集まる所がコースだが、右側半分は岩が頭をもたげている。慎重にスカウティングして、 しっかり流れに乗せて 左から入り右に抜けるL字のルートを取る。それ以外のルートならクラッシュ&バーンは避けられないだろう。
S_dsc03497

それに続くストレートな瀬は素直に真ん中の左寄りを抜け、ヤナ下は浅いが左岸コースをすり抜ける。
そして難関のS字。入って間なしにフィンヒットしてあえなく落水。瀬を最後まで泳ぐ羽目に。腰を打つのみでなんとか済んだが、やはりパッドは必須。やり直して2本目ではクリア。真ん中よりやや右が辛うじてコースとなる。

カルディアを過ぎ、下のドロップはエディ右岸が一変。砂利の土手が築かれている。ドロップの形は変わらないが、今後の変化や水位で影響があるかもしれない。

神社下は右岸側のルートから真ん中を通り、最後はホールをすり抜けるように左に向ける。

その下の瀬は浅く、フィンヒットしないように慎重に通る。
S_dsc03495

芝崎はシンプルに真ん中のルートで、最後のドロップだけ注意して左寄りに抜ける。

難関である天理はもはや右岸ルートしか通れない。真ん中右寄りから入って右岸エディへ。

長い瀞場を漕ぎ、右岸スロットをスピードを上げ突破。最後のドロップを左に抜ける。
渓谷を満喫しながら弛い瀬と瀞場をひたすら漕ぐ。
大昭橋の手前のザラ瀬はフィンを打ちながらもなんとか通過。

難関のアヒルだが、今日の水位ではおとなしい。真ん中ルートをバックウォッシュを避けつつ突破。

アヒルを越えればあとは長い瀞場と弛い瀬を経て栄山寺に到達する。

【当日のデータ】
水量:五條1.37m,栄山寺-0.70m,大滝ダム2.8t
プットイン:水道橋
テイクアウト:栄山寺
所要時間:2時間
距離:11.5km
ボート:インフレータブルSUP[STARBOARD ASTRO DRIVE ZEN]
グレード:3級

« 青野ダム千丈寺湖SUP 2014.11.30 | トップページ | 宇治川SUPダウンリバーツーリング 2014.12.13 »

リバーSUP」カテゴリの記事

渇水系」カテゴリの記事

紀ノ川系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1140581/58217251

この記事へのトラックバック一覧です: 奈良吉野川SUP 2014.12.06:

« 青野ダム千丈寺湖SUP 2014.11.30 | トップページ | 宇治川SUPダウンリバーツーリング 2014.12.13 »

ウェブページ

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ