« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月

吉野川小歩危(堂床~大滝) 2014.12.30

初めての小歩危SUP。大歩危よりもさらに落差が増すが、水量次第ではエキスパートレベルであれば、スカウティングやポーテージを行いながら下ることができる。
池田ダム流入37.34-33.88t, 豊永0.05-0.04m
S_20141230_kobokesup_miyake_34

続きを読む "吉野川小歩危(堂床~大滝) 2014.12.30" »

吉野川大歩危(大歩危国境~小歩危鉄橋)SUP 2014.12.29

歩危峡の動と静を楽しむ。
ポーテージ無しで下る、距離とグレードのバランスの良いコース。
そして、クライマックスは小歩危鉄橋の瀬。
池田ダム流入37.37-33.89t, 豊永0.05-0.04m
S_20141229_oboke_safarihigakure_15

続きを読む "吉野川大歩危(大歩危国境~小歩危鉄橋)SUP 2014.12.29" »

吉野川大歩危(国境~堂床)SUP 2014.12.28

ターコイズグリーンの澄んだ水と、冷たい雨に煙る幽玄な渓谷。
初の歩危SUPは、大歩危国境の瀬から小歩危スタートの堂床(歩危茶屋)までの、いわゆる中歩危セクション。
フィンヒットもないではないが、適度な強度で瀬が続いて、上級者には非常に楽しめるバランスの良いコース。
池田ダム流入40.29-36-81t, 豊永0.19m
S_20141228_obke_soramirunishihara_7

続きを読む "吉野川大歩危(国境~堂床)SUP 2014.12.28" »

吉野川(池田~半田)SUPツーリング 2014.12.27

フィンに少し気を遣う水深の瀬もあるが、澄んだ水に快適な流れ、何より、誰にも邪魔されない(気を使わなくてもいい)自由を満喫できる。
三度目の吉野川ツーリングは大歩危小歩危のラフトカンパニー「サファリ」の矢野さん、徳島「ファンライド」の南里さんとの異色のコラボ。
池田ダム放流38.17-37.90t, 池田0.73m, 中藪0.40m
S_20141227_yoshinogawatouring_miyak

続きを読む "吉野川(池田~半田)SUPツーリング 2014.12.27" »

日高川リバーSUPツーリング 2014.12.14

雪見ダウンリバー。水は澄み、風の影響も少なく、フィンヒットに神経を使うこと以外は、この時期としては極めて快適なツーリング。
金毘羅橋から下流はバックウオーターで流れは消失。
椿山ダム流入14.6t, 貯水位194.43m, 龍神0.62m
S_dsc03533

続きを読む "日高川リバーSUPツーリング 2014.12.14" »

宇治川SUPダウンリバーツーリング 2014.12.13

お手軽快適なツーリングコース。
水量としては問題ないレベルであるが、水勢はずいぶんおとなしくなる。
向かい風に苦しめられ、ゴール手前でリタイヤ。
S_dsc03516

続きを読む "宇治川SUPダウンリバーツーリング 2014.12.13" »

奈良吉野川SUP 2014.12.06

楽しい瀬下り、しかしフィンヒット頻発、最大限短いフィンの用意を推奨。
これが下限水位?
S_dsc03494

続きを読む "奈良吉野川SUP 2014.12.06" »

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

ウェブページ

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ