« 天竜川リバーSUP 2014.11.22-23 | トップページ | 一庫ダム知明湖SUP 2014.11.29 »

木曽川リバーSUP 2014.11.24

渇水でも充分過ぎるファン・ビッグウオーターを心置きなく楽しむ。
高い波が続く長い瀬を満喫した。
10811551_751906318222153_1182642078

前日の天竜川から移動し今渡ダムの袂に取った宿から、集合場所の桃太郎へ。紅葉シーズンのため、寂光院とモンキーパークの駐車場はすでに一杯。周辺の道も大渋滞で、寂光院の抜け道は完全に動かない。桃太郎も早々と満車となった。この時期は集合を早い時間にするかゴールを下流に変えるなど、配慮が必要である。

スタートしてすぐに、緩やかだが長い長い松ヶ瀬が新美濃大橋まで続く。ここは各人が好きなルートを取っても問題ないが、外すと浅いところもある。
S_20141124_kisogawasup_miyake_4

新美濃大橋を過ぎると大涛の瀬が見えてくる。
入り口はザラ瀬だが、中程から高い波となり、落差を増して一気にパワーアップする。
掘れたウェーブ・ホールに入らないようにしっかり操縦する。


短い瀞場のあと、すぐに可児合の瀬が現れる。
入り口のザラ瀬を終えたエディの汚水の流入が酷い。
左岸の崖に向かって流れが向かう長い瀬を、高い波を越えホールをかわしながら右にカーブして抜ける。
S_20141124_kisogawasup_miyake_8

ここからしばらくは、紅葉が美しい深い渓谷となる。
10811724_751906348222150_597578573_

鵜の瀬では、カヤッカーがサーフィンに興じている。
S_20141124_kisogawasup_miyake_15

観音の瀬は、センターを素直に抜けた。
ウェーブはもうひとつ型がよくない。
今回はウェーブには立ち寄らず。

そこからの大きく開けた瀞場は、時には強い向かい風に苦しめられるが、今回はそれもなく快適に進む。

この水量でも、富士ケ瀬のパワーは侮れない。
0番と0.5番の間を抜けてからが本番。
高い波が続く長い瀬だ。
S_20141124_kisogawasup_miyake_16

あとは瀞場を少し進むとゴールの桃太郎港である。
2時頃だったが、駐車場は一層渋滞して、出入りも困難になっていた。

【当日のデータ】
プットイン:化石林公園
テイクアウト:桃太郎港
水量:今渡108m
距離:約9.8km
ボート:SUP
グレード:3級
所要: 2.5時間

« 天竜川リバーSUP 2014.11.22-23 | トップページ | 一庫ダム知明湖SUP 2014.11.29 »

リバーSUP」カテゴリの記事

木曽川」カテゴリの記事

渇水系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1140581/58114174

この記事へのトラックバック一覧です: 木曽川リバーSUP 2014.11.24:

« 天竜川リバーSUP 2014.11.22-23 | トップページ | 一庫ダム知明湖SUP 2014.11.29 »

ウェブページ

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ