« 赤木川SUPツーリング 2014.10.18 | トップページ | 瀬田川リバーSUP 2014.11.01 »

日高川SUPツーリング 2014.10.25-26

早い流れがどんどん先へ運んでくれる。瀬は総じて浅めだが、テンポよく現れ飽きさせない。
堰堤、漁の仕掛け、そして一部の瀬でポーテージが必要だが、バランスの取れた良川。
椿山ダム流入10/25:18t 10/26:14t、龍神10/25:0.65m, 10/26:0.63m
S_s_20141025_wakayama_hidakariversu

週前半の大雨から徐々に減水。
カヤックでお馴染みの龍神や桧皮といったセクションは、もう水量が足りないが、かねてより狙っていた椿山ダム上の中流部2セクションを漕ぐことができた。
S_s_20141026_wakayama_hidakarive_12

甲斐ノ川セクション内を除いて、ドロップと言えるような大きな落差はほとんどなく、浅く平らな川床が延々と続く。
S_s_20141025_hidakagawasup_asato2_2

いつまでも濁りの取れない椿山ダム下流と異なり、ダムを境に上流の区間は、特有の僅かな白濁はあるが、非常に澄んでいて上質である。
S_s_20141026_wakayama_hidakariver_2

1日目は、桧皮の滝セクションの少し上流をゴールに設定し、水深を見ながら、出来るだけ(最長で龍神小学校までとして)長い距離を下るべく上流にスタート地点を探った。
上流に行くほど、川は浅く狭くなってくる。宮代トンネル上流側の吊り橋のたもとに格好のプットインを見つけ、そこをスタート地点とした。
S_s_20141025_hidakagawasup_asato2_0

流れは早く瀞場もどんどん進む。
S_s_20141025_wakayama_hidakariver_7

瀬は浅く狭い。タイトなルートをトレースし、かつエディラインや反射波に耐えることが必要だが、流れのパワー自体は総じて緩いので、経験が浅くでもすぐに慣れてくる。
S_s_20141025_wakayama_hidakariver_5

フィンの対策は必須で、例え対策したボードでも、ヒットは数え切れない程だ。
ライニングダウンを余儀なくさせられるザラ瀬もある。
S_s_20141025_wakayama_hidakariver_4

短いがスカウティングを要するような3級程度の瀬も2-3あって、程よいスパイスとなっている。
S_s_20141025_wakayama_hidakariver_6

旧龍神役場を過ぎ、丹生川と合流すると水量がほぼ倍増する。
S_s_20141025_wakayama_hidakariver_9

厚みを増した流れを楽しみながら進むと、ゴールの柳瀬にある「サンワ」の駐車場に行き着く。
この直ぐ下流に柳瀬ダムがあり、桧皮の滝セクションのスタート地点となる。
S_s_20141025_wakayama_hidakariver_8

2日目は、甲斐ノ川セクションのスタートから、椿山ダムバックウォーターまでギリギリに距離を取る。
S_s_20141026_hidakagawasup_asato2_0

序盤、甲斐ノ川セクション、想像以上の落差で、3箇所程の瀬でスカウティング。
S_s_20141026_wakayama_hidakariver_5

うち1箇所は、完全なドロップだったのでポーテージした。
S_s_20141026_wakayama_hidakariver_4

S_s_20141026_wakayama_hidakariver_6

甲斐ノ川セクションを過ぎてしばらく進むと、広大な瀞場が出現する。
そこには大きな堰堤があり、手前左岸から上陸してポーテージ。
S_s_20141026_wakayama_hidakariver_7

この上陸地点は堰堤落ち口に近く、増水時には取り付く事ができなくなりそうだ。
しっかり下見して安全確認してから下り始めること。

以降も、エキサイティングにさせる2-3級の瀬や、200-300mも続いている素直でこの上なく気持ちの良い2級の瀬があり、全く飽きさせない。
S_s_20141026_wakayama_hidakariver_8

もちろん、瀞場でも早い速度で流れており、コース全体を通して、フォワードで漕いだ実感がほとんど感じられない。
S_s_20141026_wakayama_hidakariver_9

季節柄、若干の釣り人(引っ掛け釣り)と、1日目、2日目ともに、5-6箇所の落ち鮎止めの杭があった。
一部はそのまま通過できたが、ほとんどは邪魔にならぬよう手前から上陸してポーテージした。
S_s_20141026_wakayama_hidakarive_10

秋晴れの快晴の中、澄んだ早い流れを、いくつもの吊り橋や橋をくぐり、何度もくねくねと曲がりながら進んでいく。
ツーリングにホワイトウォーターの要素を少し加えた素晴らしく楽しめるリバーSUP向きの好ゲレンデ。
S_s_20141026_wakayama_hidakarive_11

水量は椿山ダム流入で30tから15t位が適量か、ぜひ再訪したい。

【当日のデータ】
1日目:
水量:椿山ダム流入18t 龍神0.65m
プットイン:R371宮代トンネル上流側吊橋左岸
テイクアウト:柳瀬ドライブインサンワ龍神の駅
距離:12.6km
ボート:インータブルSUP
グレード:2-2.5級
所要:3時間

2日目:
水量:椿山ダム流入14t 龍神0.63m
プットイン:鍋坂ダム(甲斐ノ川スタート)下左岸
テイクアウト:糠崩橋(日高川町大字串本)上流600mスロープ
距離:12.8km
ボート:インータブルSUP
グレード:2.5-3級
所要:3時間

« 赤木川SUPツーリング 2014.10.18 | トップページ | 瀬田川リバーSUP 2014.11.01 »

リバーSUP」カテゴリの記事

増水系」カテゴリの記事

平水系」カテゴリの記事

日高川系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1140581/57811939

この記事へのトラックバック一覧です: 日高川SUPツーリング 2014.10.25-26:

« 赤木川SUPツーリング 2014.10.18 | トップページ | 瀬田川リバーSUP 2014.11.01 »

ウェブページ

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ