« 奈良吉野川リバーSUP 2014.08.13 | トップページ | 北山川ロングリバーSUP 2014.08.16 »

櫛田川赤桶セクションリバーSUP 2014.08.14

狭いゴルジュに大量の水が流れる事で、複雑で激しいエディライン、ボイルを生み出す。
ホワイトウオーターSUPの限界をプッシュアップするロングダウンリバーセッション。
栄山寺0.17m, 五條2.37m, 蓮ダム放流15.94t, 田引0.57m
S_20140814_kushidariversup_miyake_1

いい状態の天理ウエーブを満喫した後、1時間と少し掛けて現地へ移動。
S_20140814_kushidariversup_miyake_2


田引トンネル下からの赤桶セッションは、ドロップが少なく多彩な瀬を有する。
S_20140814_kushidariversup_miyake_4

今回の台風の増水によっての、瀬の大きな変異は見られない。

適度な落差の瀬が続く。
ほとんどの瀬は、後に確実に安全な瀞がある。
S_20140814_kushidariversup_miyake_7

両岸が崖で、川幅が狭い所に大量の水が流れる事で、水の圧力は高まり奔流となって、エディライン、ボイル、渦、反射波など、驚くほどの凸凹を水面に創り出す。

ボードを両足でしっかり掴み、的確なリフトや充分な加速など、コントロールに神経を集中させないと、すぐに落水させられてしまう。
S_20140814_kushidariversup_miyake_3

後半核心部の弁天の瀬は、前回から取っているルートで右岸エディから左岸エディへフェリー、そしてホールに突入する。
ここを含め、他の瀬でも、行ける所で数回のヒザ着き。ホールパンチングにまだまだ課題が残った。

【当日のデータ】
水量: 栄山寺0.17m, 五條2.37m, 蓮ダム放流15.94t, 田引0.57m
プットイン:赤桶堰堤下左岸
テイクアウト:向粥見のスロープ
所要時間:3.5時間
距離:約13.5km
ボート:インフレータブルSUP
グレード:3.5級

« 奈良吉野川リバーSUP 2014.08.13 | トップページ | 北山川ロングリバーSUP 2014.08.16 »

リバーSUP」カテゴリの記事

増水系」カテゴリの記事

櫛田川系」カテゴリの記事

紀ノ川系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1140581/57124748

この記事へのトラックバック一覧です: 櫛田川赤桶セクションリバーSUP 2014.08.14:

« 奈良吉野川リバーSUP 2014.08.13 | トップページ | 北山川ロングリバーSUP 2014.08.16 »

ウェブページ

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ