« 我が愛艇達 | トップページ | 櫛田川リバーSUP(茶倉セクション) 2014.07.13 »

櫛田川リバーSUP(赤桶セクション) 204.07.12

この水量でも、迫力充分。
瀬の難度は高いが、ルート取りはそれほど難しくない。但し、強烈なボイルやエディライン、反射波に耐え、しっかりボードを安定させるスキルと、瀬泳ぎのスキルが必要。
蓮ダム放流13.77t, 田引0.44~0.42m
S_20140712_kushidagawa_asato2_053

台風が促して、ようやくもたらされた増水。既に減り始めていたが、それでも面白いのがこの川。
待ち合わせたカヤッカー達は、蓮川から合流してしばらくまでのセクションに向かい、SUPの2名は赤桶セクションへ。
S_20140712_kushidagawa_asato2_048

赤桶ダム下の沈下橋からプットインすると、流れに力強さにいきなり戸惑う。
流量は多くないが、切り立った岩場が両岸から迫る狭いゴルジュである。それゆえ、勾配はさほどでもないにも関わらず、流れが集まってホールやウエーブ、迫力のあるシュートが多く出来る。ドロップは、この区間については皆無。上の区間でも数少ないのがこの川の特徴。
S_20140712_kushidagawa_asato2_038

瀬が多くて記憶に留める事が難しい。前半に大きな瀬がふたつ、そして後半に、区間最大最長のべんてんの瀬がある。
S_20140712_kushidagawa_asato2_093_3

途中、大きくはないがいい型のサーフウエーブが点在し、プレイの面でも飽きさせない。
S_20140712_kushidagawa_asato2_130

遊び疲れて迎えるクライマックスのべんてんの瀬。今回のルートは、最初のホールとウエーブを右に抜け、右の大岩のエディをキャッチ。そこから左岸ビーチのエディにフェリーし、強いウエーブホールをかわす。
S_20140712_kushidagawa_asato2_160

最後に、ストリームインして川幅一杯の強力なべんてんホールに、弱点である右サイドから突っこむ。
べんてんホールを抜けるときに片ヒザをついてしまったが、クリーンに下ることができた。
ホールだけ担いでやり直したが、やはり立って越えることは出来なず、ホールパンチングが依然として課題。
S_20140712_kushidagawa_asato2_167

瀬はほとんど高めのクラス3、しかし、ほとんどは中央がクリーンでルートは取りやすい。右岸にオーバーハングの岩壁が多い以外は、障害物も非常に少く、危険性はある程度で抑えられている。
S_20140712_kushidagawa_asato2_118

リバーSUPで楽しみながら下ることができる加減を示していると言える。
水が増えたら何を置いても行きたい最高のフィールドである。

【当日のデータ】
水量:蓮ダム放流13.77t, 田引0.44~0.42m
プットイン:赤桶堰堤下左岸
テイクアウト:向粥見のスロープ
所要時間:4時間
距離:約15.5km
ボート:インフレータブルSUP
グレード:3.5級

« 我が愛艇達 | トップページ | 櫛田川リバーSUP(茶倉セクション) 2014.07.13 »

リバーSUP」カテゴリの記事

増水系」カテゴリの記事

櫛田川系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1140581/56795755

この記事へのトラックバック一覧です: 櫛田川リバーSUP(赤桶セクション) 204.07.12:

« 我が愛艇達 | トップページ | 櫛田川リバーSUP(茶倉セクション) 2014.07.13 »

ウェブページ

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ