« 櫛田川リバーSUP(赤桶セクション) 204.07.12 | トップページ | 月ヶ瀬(高山ダム)レイクSUP 2014.07.13 »

櫛田川リバーSUP(茶倉セクション) 2014.07.13

いつもの赤桶セクションのゴールからスタート。ツーリングコースと思ったが、結構な瀬があり楽しめた。
松坂の市街に入る手前の長い瀞場まで。
蓮ダム放流7.99t, 田引0.22m
S_dsc01548

前日のテイクアウトからスタート。初めて下る区間だ。
瀬と瀞場の兼ね合いを見ながら、できるだけコースを長く取るための下見に時間を取られる。水面へのアクセスが総じてよくない。なんとか、1ヵ所だけ車が入れるスロープを発見。
S_dsc01540

自転車で5kmで回送。下って8kmのコース。
スタートからしばらくは、穏やかなムービングウオーター。

そして、轟音と共に巨大な堰堤。茶倉の道の駅の対岸、リバーサイド茶倉のコンクリートの左岸から上陸すれば、ポーテージは極めて容易。
S_dsc01545

そこから、いい感じの瀬が続く。非常にルートが難しい瀬が2ヵ所あり、意外にもホワイトウオーターとしての愉しみを満喫出来る。
S_dsc01557

川の雰囲気、岩の配置もここまで下ってきてもいい感じで続いている。
S_dsc01560

S_dsc01564

リバーサーフィンによいウエーブにもいくつか遭遇。

カヤックでは少しもの足りないかもしれないが、SUPなら、十分過ぎる程気持ちよい。この区間も、下らないという選択はないだろう。上流に挑戦する前段階としてもよい。
S_dsc01569

【当日のデータ】
水量:蓮ダム放流7.99t, 田引0.22m
プットイン:向粥見スロープ
テイクアウト:深野橋
所要時間:1.5時間
距離:約7.7km
ボート:インフレータブルSUP
グレード:3級

« 櫛田川リバーSUP(赤桶セクション) 204.07.12 | トップページ | 月ヶ瀬(高山ダム)レイクSUP 2014.07.13 »

リバーSUP」カテゴリの記事

増水系」カテゴリの記事

櫛田川系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1140581/56795628

この記事へのトラックバック一覧です: 櫛田川リバーSUP(茶倉セクション) 2014.07.13:

« 櫛田川リバーSUP(赤桶セクション) 204.07.12 | トップページ | 月ヶ瀬(高山ダム)レイクSUP 2014.07.13 »

ウェブページ

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ