« 奈良吉野川リバーSUP 2014.03.15 | トップページ | 奈良吉野川リバーSUP 2014.03.21 »

北山川リバーSUP 2014.03.16

前日から移動し現地入り。
ラフティング『アイスマン』のシーズン前の下見ダウンリバーの話に乗っかり小松から玉置口の変則コース。
20140316_kitayamagawa_miyake_10

小松の筏ゴールの階段が、昨年大増水の被害を受けて工事中。何とか通らせてもらってここから入水する。
20140316_kitayamagawa_miyake_9_2

放水口までは浅く、ポーテージを余儀なくされる。
20140316_kitayamagawa_miyake_4_2

今回は放水口からそこそこの水量が出ているものの、夏のレベルには至らない。
それでも、というかむしろ、下滝は落差があり、真ん中がドロップになっており、このルートからの突入が難しかったので左から入っていく。
中段のスロットは、この水量ならば中央突破。
そこからの下段も、パワフルな早い流れがスリリングだ。
下滝をクリアすると、途中に点在するウエーブを捕まえながら、景色を楽しみながら下っていく。
20140316_kitayamagawariversup_kai_4

そして小和田の瀬。核心のウエーブホールに至る手前の経路が浅めで少しライン取りしづらい。
だましだまし軌道修正して、無事クリア。
そして小和田ウエーブライディングにも数回トライ。

このあとも、そこそこの瀬があって、本当に楽しめる。
20140316_kitayamagawariversup_kaino

瀞峡からはむしろ少し水位が高め。
ストレスなくゴールの玉置口に到着。
20140316_kitayamagawariversup_kai_2

【当日のデータ】
水量:小森ダム16t?(翌日の数値), 日足098m
プットイン:小松
テイクアウト:玉置口
距離:9.2km
所要時間:3時間
ボート:インフレータブルSUP
グレード:3級

« 奈良吉野川リバーSUP 2014.03.15 | トップページ | 奈良吉野川リバーSUP 2014.03.21 »

リバーSUP」カテゴリの記事

平水系」カテゴリの記事

熊野川系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1140581/55408637

この記事へのトラックバック一覧です: 北山川リバーSUP 2014.03.16:

« 奈良吉野川リバーSUP 2014.03.15 | トップページ | 奈良吉野川リバーSUP 2014.03.21 »

ウェブページ

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ