« 宇治川リバーSUPツーリング 2014.02.23 | トップページ | 日置川リバーSUPツーリング 2014.03.02 »

北山川瀞峡リバーSUPツーリング 2014.03.01

初めてのジェット船回送と瀞ホテルランチのショートトリップ。
20140301_kitayamagadorokyo_11

10:00に上流の道の駅おくとろに一旦集合。
スタートの田戸でボードを準備し、そこにある瀞ホテルには事前にランチ予約と共にボードのデポお願いしておいた。
この段階で下流のジェット船乗り場である小川口の瀞流荘に電話し11:55の便を予約。
20140301_kitayamagadorokyo_1

車で田戸から瀞流荘まで移動しチケットを購入して、小川口の乗船場に移動。
30分程待つと上りのジェット船が来る。
20140301_kitayamagadorokyo_2

カヤックで20年近くこの川に通っているが、乗るのは初めてだ。
意外に目線は水面に近く、中々の早瀬もすごい勢いで遡っていく。
瀬や淵や岩の名前やトリビアは初めてのものばかり、通い慣れた場所だけに感慨深い。
田戸の長い瀞場に入ると、船はルーフを開き、頭上高い岩壁を見上げることが出来る。
20140301_kitayamagadorokyo3

我々は田戸で途中下船。長い階段を上り、瀞ホテルでゆったりとランチを摂る。
デポさせてもらっていたボードを担ぎ、階段を下りて13:30、いよいよ川下りを開始。
20140301_kitayamagadorokyo_2_2

20140301_kitayamagadorokyo_3

水量や瀬の状態は、いつもと違いはない。
20140301_kitayamagadorokyo_4

20140301_kitayamagadorokyo_6

ジェット船の引き波でサーフィン
20140301_kitayamagadorokyo_7

船内で聞いた岩の名前などを思い出しながら、田戸の瀞場を抜けると、スムーズな瀬が続いていく。
長いフィンを付けていても、ヒットさせないで下って行ける。
20140301_kitayamagadorokyo_8

20140301_kitayamagadorokyo_9

15時前からジェット船の往来も絶えて、本当に静かになる。
20140301_kitayamagadorokyo_10

20140301_kitayamagadorokyo_12

やがて瀞大橋が姿を覗かせる、最後の長い瀬を楽しむと、小川口の乗船場に帰着。
20140301_kitayamagadorokyo_13

20140301_kitayamagadorokyo_17

[当日のデータ]
水量:日足0.64m
プットイン:田戸
テイクアウト:小川口
距離:10km
所要時間:2時間
ボート:インフレータブルSUP
グレード:1.5-2級

« 宇治川リバーSUPツーリング 2014.02.23 | トップページ | 日置川リバーSUPツーリング 2014.03.02 »

リバーSUP」カテゴリの記事

平水系」カテゴリの記事

熊野川系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1140581/55229379

この記事へのトラックバック一覧です: 北山川瀞峡リバーSUPツーリング 2014.03.01:

« 宇治川リバーSUPツーリング 2014.02.23 | トップページ | 日置川リバーSUPツーリング 2014.03.02 »

ウェブページ

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ