« 宇治川リバーSUPツーリング 2014.02.02 | トップページ | 奈良吉野川リバーSUP 2014.02.16 »

宇治川リバーSUPツーリング 2014.02.11

北北西3mのち5mの風。水量が少なかったら、かなり苦労しただろう。決行ぎりぎりラインか?
天ヶ瀬ダム欠測、洗堰130t
1925337_455937751175085_1962338566_

カメラを忘れ、写真なし(Kっさん写真頂きました)。

平等院に近づくと右岸に放水口。いつもは盛大に水を出しているが、今日も放水無し。ここの水量でかなりの部分を占めるみたいで、コース通じてダム放水ほどの水量の実感は無い。

宇治橋は、橋の直前、左岸工事の囲いを過ぎたらすぐに、左にフェリーして、左岸から3番目の間をくぐる。他のルートは浅い。

生コン手前の倒木を右岸に寄らないで避ける。それで安心せず、直後に流芯を邪魔するように立ち塞がる木があるので、これを注意して避ける。しかし、どうやら昨年の大増水で位置が変わったようで、今日は水面下ぎりぎりにあって乗り越えられる。
1620749_455937737841753_1144078013_

冷たく強い向かい風の中、流れの強さに助けられ、苦労しながらもなんとか進んでいく。
流れと風の作用を同時に読まないと、容易にバランスを崩す。
最も心配していたのは、観月橋からの長い瀞場。しかし、こからは追い風になり、楽にフィニッシュできた。

【当日のデータ】
水量: 天ヶ瀬ダム欠測、洗堰130t、
プットイン:天ケ瀬ダム下右岸志津川合流
テイクアウト:右岸新高瀬川合流京大防災研究所前
距離:10km
所要時間:2時間
ボート:インフレータブルSUP
グレード:2級

« 宇治川リバーSUPツーリング 2014.02.02 | トップページ | 奈良吉野川リバーSUP 2014.02.16 »

リバーSUP」カテゴリの記事

宇治・瀬田川」カテゴリの記事

平水系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1140581/54961097

この記事へのトラックバック一覧です: 宇治川リバーSUPツーリング 2014.02.11:

« 宇治川リバーSUPツーリング 2014.02.02 | トップページ | 奈良吉野川リバーSUP 2014.02.16 »

ウェブページ

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ