« 紀ノ川リバーSUPツーリング 2013.07.28 | トップページ | 四国吉野川山崎セクション&本山セクションリバーSUP 2013.08.10 »

北山川リバーSUP 2013.08.04

音乗から小松のレギュラーコース。
音乗ウェーブとムササビ下ウェーブのサーフが良好。
Rmov0771_0002


今回はリバーサーフ用のボードで下ってみた(SUPの写真はなし)。
20130804_kitayamagawakayak_miyake_3

北山川ほど瀬に落差があると、リバーサーフに特化したボードでは、下るのは相当難しく、音乗、上滝、尺子といった大きな瀬以外でも積極的にニーリング。
それでも瀬の核心で落水してしまうこともあり、全く気が抜けない。
20130804_kitayamagawakayak_miyake_6

ダウンリバーという観点では、かなりいけていないが、今回の主目的はサーフィンだ。
狙い通り音乗ウェーブ一段目は、サイズは小さいが、誠に綺麗に立ち上がった三角波で、フロントサーフィンのみでも楽しい。
二段目もサーフィン可能だ。
Rmov0771_0003

ムササビ下ウェーブは、三段ともサーフィン可能。
今回は特に三段目のライドを強化。強いバックウォッシュを生かして、トリックの練習に励んだ。
スピンは完成までまだ遠い感じだが、シャビットは何回か成功。
20130804_kitayamagawakayak_miyake_9

遠いところを日帰りで頑張った甲斐があり、プレイ面で収穫があった一日だった。

【当日のデータ】
水量:観光放流
プットイン:観光いかだスタート上流駐車場スロープ
テイクアウト:小松
所要時間:4時間
距離:約4km
ボート:インフレータブルSUP
グレード:3級


« 紀ノ川リバーSUPツーリング 2013.07.28 | トップページ | 四国吉野川山崎セクション&本山セクションリバーSUP 2013.08.10 »

SUPサーフィン」カテゴリの記事

リバーSUP」カテゴリの記事

平水系」カテゴリの記事

熊野川系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1140581/52749840

この記事へのトラックバック一覧です: 北山川リバーSUP 2013.08.04:

« 紀ノ川リバーSUPツーリング 2013.07.28 | トップページ | 四国吉野川山崎セクション&本山セクションリバーSUP 2013.08.10 »

ウェブページ

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ