« 奈良吉野川リバーSUP 2013.05.26 | トップページ | 宇治川リバーSUP 2013.06.08 »

北山川(音乗-上滝、ムササビ下ウエーブ、田戸-瀞大橋)リバーSUP 2013.06.01-02

先週より水量多め。
ムササビ下ウエーブは、三段全てサーフ可能。
瀞峡は田戸-瀞大橋間がちょうど良い。ダム放流の水位アップはほとんど影響無いくらい。
Rimg0618

キャンプにはいい気温だが、天気が心配なのでキャビンを確保。
初日はキタヤマ、音乗と上滝で写真撮影。

音乗の一段目二段目を繰り返し下る。習熟してきたはずの三度目に落水。
三段目のウエーブはやっぱりイマイチ。

音乗から上滝を漕いで移動。この区間は、インフレータブルのASTRO WHOPPER。

上滝は一度目落水、二度目は立ち続けることを諦め、軽くヒザ着きでクリア。仲段のストッパーホールが立ったままで越えることができない。

Rimg0606

上滝から車でムササビ下に移動。コンポジットのMVP7'6に乗り換え、スポットでサーフィン。
三段のウエーブ全てサーフ可能だが、一段目はスムースで長乗り、三段目はバックウォッシュが強く、ブラスティング気味にしないとパーリングしてしまう乗りにくいウエーブだが、カヤックは、スピン、ブラントしまくりで、SUPでもスピンにトライできた。
乗るには楽しいが、サイズが小さいので撮影に見栄えがしたかどうか。


この日はこれでタイムアップ。
キャビンで乾杯しながら濡れ物を干す。その後、お値打ちバイキングの夕食で満腹してからの温泉と、至福のゆったりタイム。
皆お疲れで早々と床に就く。

二日目は、瀞峡、田戸から瀞大橋をツーリング。
Rimg0619

ダム放流で多少水位増えているが大差はない。

ジェット船の掘れたルートを通れば、難しい瀬は無し。
Rimg0623

この日、我々が通過した時間帯にジェット船が4艇、これらが往復すれ違い、その度に手前から退避し引き波に堪えるという繰り返し。
Rimg0626

瀞峡の勇壮な景色が尽きて、一気に視界が広がった所が瀞大橋。橋の手前左岸スロープ&駐車場でテイクアウト。

【5/2のデータ】
水量:小森ダム観光放流 日足0.28m
プットイン:田戸
テイクアウト:小川口(瀞大橋左岸上流)
距離:8km
所要時間:3時間(通常2-2.5h想定)
ボート:インフレータブルSUP
グレード:1.5-2級

« 奈良吉野川リバーSUP 2013.05.26 | トップページ | 宇治川リバーSUP 2013.06.08 »

SUPサーフィン」カテゴリの記事

リバーSUP」カテゴリの記事

平水系」カテゴリの記事

熊野川系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1140581/51889683

この記事へのトラックバック一覧です: 北山川(音乗-上滝、ムササビ下ウエーブ、田戸-瀞大橋)リバーSUP 2013.06.01-02:

« 奈良吉野川リバーSUP 2013.05.26 | トップページ | 宇治川リバーSUP 2013.06.08 »

ウェブページ

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ