« 日本海(京都)SUPサーフィン 2013.05.11 | トップページ | 瀬田川リバーSUP 2013.05.18 »

奈良吉野川リバーSUP 2013.05.12

花花から栄山寺までのロングコース。
アヒルウエーブがサーフに絶好。
完全に擦らないで下るのは、ほぼ不可能。
花花周辺で水面近くに張り巡らされたテグスに注意。
五條1.52-1.50m,栄山寺-0.60~-0.59m
20130512_narayoshinoriversup_miyake

前日午前までの雨で超渇水から回復。
久々のナラヨシをロングコースで楽しむ。
要注意!!花花のスタート地点(下市頭首工の少し上流)の瀬は、稚鮎を鳥から守るためか、水面上1mくらいの高さにテグスが川を横断して何本も張られている。これに絡まったらオシマイだ。
鮎の季節が近づくと様々な障害が出てくるので十分注意したい。
255564_360582910710076_1049433040_n

テグスのおかげで花花ウエーブは入ることが出来ず。
そのまま下って、頭首工をいつものように左岸ポーテージ。
あとはゴールまで、テグスもポーテージもなく進む。
20130512_narayoshinoriversup_miya_2

瀬下りとして以下の箇所が気になったので書き留める。
神社下、瀬の最後で岩に大きく乗り上げることは課題。対策は、後半入り口でセンターから少し擦らせて入るほうが被害が少なくなりそう。試したい。
20130512_narayoshinoriversup_miya_3

天理は、左側なら上手く擦らずに通過出来る。
アヒルは、左から入りセンターを抜けるルートで正解。
その他はこの水位ならフレンドリー。
20130512_narayoshinoriversup_miya_4

2~3箇所小さなサーフスポットがあったが、アヒルウエーブが最大にして最高のサーフスポット。
スポット単体でも十分成立出来る。残念ながらSUPサーフの写真は無いが、ロングライド可能でスピンへの扉が開けそうな感覚すらある。
気温が上がって来てカヤッカーの姿も多数見られ、賑やかなナラヨシが戻って来た。
20130512_narayoshinoriversup_miya_5

【当日のデータ】
水量:五條1.52-1.50m,栄山寺-0.60~-0.59m
プットイン:ハナハナホール前スロープ
テイクアウト:栄山寺
所要時間:3時間
距離:11km
ボート:インフレータブルSUP
グレード:3級


« 日本海(京都)SUPサーフィン 2013.05.11 | トップページ | 瀬田川リバーSUP 2013.05.18 »

リバーSUP」カテゴリの記事

平水系」カテゴリの記事

紀ノ川系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1140581/51624065

この記事へのトラックバック一覧です: 奈良吉野川リバーSUP 2013.05.12:

« 日本海(京都)SUPサーフィン 2013.05.11 | トップページ | 瀬田川リバーSUP 2013.05.18 »

ウェブページ

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ