« 木曽川リバーSUP 2013.04.20 | トップページ | 広島市内SUPクルージング 2013.04.29 »

錦川リバーSUP 2013.04.27-28

釘を1本も使っていないという木造の橋錦帯橋で有名な山口県の錦川を2日間で約17kmを繋いだ。
南桑4/27 2.17cm、4/28 2.13cm
20130427_nishikigawariversup_miyake


1日目はハイライトに錦帯橋がある下流コース。
下守内の沈下橋をスタートに臥龍橋ゴールまでの約7km。
20130427_nishikigawariversup_miya_2

下守内からの前半は流速が程よくありスムーズに進む。
20130427_nishikigawariversup_miya_3

全体的に浅めであるが、水質はよく澄んでいて、錦鯉やサツキマスの姿も見られる。
しかし3km程進むと流れは緩んで、この時期お決まりの向かい風との闘い。
20130427_nishikigawariversup_miya_4

大きなカーブを曲がると錦城橋の向こうに錦帯橋が見えてくる。
錦帯橋の直下に堰堤があるので、橋の下左岸をポーテージ。
20130427_nishikigawariversup_miya_5

再エントリーして400m程にある大きな橋が臥龍橋で、これを過ぎて右岸の河原がゴール。ここは駐車場の料金は掛からない。
20130427_nishikigawariversup_miya_6

2日目は下守内をゴールに、椋野からスタートする約10km。
椋野の観音茶屋あたりに入川道がある。
20130428_nishikigawariversup_miya_7

前日よりも瀬のグレードは少しアップしているが2級を超えことはない。
水深は更に浅くなるが、1~2ヶ所を除く全てで降りずに通過出来る。
20130428_nishikigawariversup_miya_2

ザラ瀬だけでなく、波のある瀬や、カーブにエディラインやボイルを伴った少しややこしい瀬も出現。
瀞場は、流れのある所はよいが、流れていない所では向かい風に苦労させられた。
20130428_nishikigawariversup_miya_4

竹の倒木が流れを半ば塞いでいる瀬もあり注意が必要。
後半の細利沈下橋は流れが早まっている所にあって、橋脚に当たらないように注意して通過する。
ここはファルトの死亡事故が起きたポイントである。
20130428_nishikigawariversup_miya_5

そこから約1kmで錦橋、更に1kmでゴールの下守内沈下橋である。これをくぐり抜けて右岸河原にゴールする。
川地図に記載されているヤナはこの時期はまだない。
20130428_nishikigawariversup_miya_6

釣り人の姿は散見されたものの、鮎はまだ始まっておらず、快適に下ることができた。
適切な引率あれば、格好の初~中級者フィールドである。

【当日のデータ】
1日目
水量:南桑2.17m
プットイン:下守内沈下橋下流右岸
テイクアウト:臥龍橋下流右岸河原
距離:約7km
ボート:SUP
グレード:1.5級
所要:4時間

2日目
水量:南桑2.13m
プットイン:椋野観音茶屋付近左岸入川道
テイクアウト:下守内沈下橋下流右岸
距離:約10km
ボート:SUP
グレード:2級
所要:4.5時間

« 木曽川リバーSUP 2013.04.20 | トップページ | 広島市内SUPクルージング 2013.04.29 »

中国地方の川」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 錦川リバーSUP 2013.04.27-28:

« 木曽川リバーSUP 2013.04.20 | トップページ | 広島市内SUPクルージング 2013.04.29 »

ウェブページ

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ