« 美山川リバーSUP 2013.03.16 | トップページ | このサイトを参考にされる方へのご注意 »

紀ノ川ダウンリバーワークショップ(リバーSUP) 2013.03.17

初めての開催。日本リバーSUP協会が後援し、カヤック、SUP問わず川下りに興味がある方を中心に参加を募集して開催した、川下り練習会。
SUP7艇、カヤック2艇が参加し、好天の中ちょっとだけ多めの水位にも助けられ、スムーズに川下りを楽しんだ。
栄山寺0.59m
20130317kinokawariversup_miyake_26


道の駅「紀ノ川万葉の里」に集合。
ここは駐車場が広く、トイレ、空調が効いた情報ルーム、売店など、設備が整ったゴール好適地。
大きな空撮地図が床にプリントされた情報ルームでブリーフィング。
今日下るコースを決定する。
20130317kinokawariversup_miyake

三谷橋から道の駅までの6.8kmは、意外に流れは早いが瀬はクラス2を越えることはなく、頃場も楽ちん。しかも途中に堰堤が無い珠玉の区間。
一堂ボードを膨らませて、着替えたのち装備の確認。
必要な道具の貸し借りも行って、なんとか全員分の用意ができた。

9名が3台に分乗しスタートの三谷橋下右岸へ移動。
ここまでの準備も、川の経験のあるなしに関わらず、普段遊んでいる人たちなので、思っていたよりもテキパキと早くできた。
車からボードやカヤックを下ろしたところで、リーシュの安全対策やスローバックの使い方の確認など、簡単にセイフティトーク。
そして水の上へ。
目の前は瀞場であるものの、いきなり流れは早い。
20130317kinokawariversup_miyake_1

ここを流れながら態勢を整え、最初の瀬に突入。

今回の参加者は皆、サーフィンかカヤックいづれかの経験は豊富なので、多少の流れなら全く問題無くこなしていく。
心配していたほど落水もない。
20130317kinokawariversup_yamahara_1

下りながらストロークのレクチャーをしたり、休憩を挟んでボードを交換したりして乗り味の違いなど確かめたりなどしつつスムーズに進む。
フットエントラップメントとホワイトウオーターフローティングポジション。
その他のフィールドとしての川のことを少しでも知ってもらえるような話を織り交ぜつつ交流を深める。
20130317kinokawariversup_yamahara_2

残り2km位で流れのほとんどない大きな瀞場を越えるのに向かい風に閉口したが、それもなんとか切り抜ける。
そして、その瀞場下にあるこの日一番の注意箇所の消波ブロックがらみの嫌らしい瀬も無事に通過。
落水してもすぐに再乗艇できるのがSUPの良いところ。
20130317kinokawariversup_yamahara_4

皆が慣れて来たころにゴールの道の駅が見えてくる。
カヤックやサーフィンにいそしんでいるこの日の参加者には、今日は時間・距離共に丁度良いコースであった。

【当日のデータ】
水量:栄山寺0.59m
プットイン:三谷橋下流右岸祈念像後
テイクアウト:紀ノ川万葉の道の駅
距離:約6.8km
所要時間:3時間
ボート:インフレータブルSUP
グレード:2級

« 美山川リバーSUP 2013.03.16 | トップページ | このサイトを参考にされる方へのご注意 »

リバーSUP」カテゴリの記事

平水系」カテゴリの記事

紀ノ川系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1140581/50840468

この記事へのトラックバック一覧です: 紀ノ川ダウンリバーワークショップ(リバーSUP) 2013.03.17:

« 美山川リバーSUP 2013.03.16 | トップページ | このサイトを参考にされる方へのご注意 »

ウェブページ

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ