« 四国吉野川大歩危小歩危 2012.08.12-14 | トップページ | 奈半利川支流小川川 2012.08.15 »

20120811.14 四国吉野川本山・山崎セクション リバーSUP

盆休み吉野川滞在中の、二日間を利用し、初日は早明浦ダムからスタートし、山崎ダムバックウオーター手前まで。4日目は、山崎ダム直下から大歩危コースのプットイン地点の豊永までの区間を繋いだ。

クラス2+までのSUPフレンドリーなコース。

水量は阿土ウェーブが発生している60t位の放水、もしくはそれなりに流入があることが望ましい。

Dsc04013


初日は本山セクション。
早明浦ダム直下の右岸パーキングからプットイン。
Dsc03920

ダムの水路というべきムービングウオーターをしばらく進むと、やがて自然な感じになり、寺家の瀬に到達する。
本流をいけば問題ないが、スラロームコースらしく、エディキャッチでもしながら下りたいところ。
その次に現れるのが阿土ウェーブ。カヤックのプレイスポットとして大会も催される。
大きなウェーブだが単発なのでなんとか乗り切る。
Dsc03936

沈下橋、帰全山公園下の大瀬、上奈呂の瀬と、主に4つの瀬の間には快適な流水が続くクラス2。
Dsc03930

Dsc03932_2

テイクアウトは、山崎ダムのバックウオーターが始まる手前の吉田分岐商店脇のスロープ。車の立ち入りは不可であるので国道の路側帯で駐車した。

【当日のデータ】
水量:早明浦ダム放流61.6-63.8t 豊永0.80-0.92m
プットイン:吉田橋下流右岸
テイクアウト:吉田分岐商店脇スロープ
所要時間:2時間
距離:約10km
ボート:インフレータブルSUP
グレード:2級

4日目は、山崎ダム直下からプットイン。
同じスタート地点と同じゴール地点に別のコースでラフトがそれぞれ出ていた。
Dsc04023

本山セクションより、瀬は若干強く大きめだが素直な瀬ばかり。6つの主な瀬があるクラス2+。途中、立川、穴内と支流が合流する。
Dsc04018

釣り人にも若干遭遇したが、川幅は広く余裕で回避できる。後半、ザ・ウオール、大波の瀬と少し強くなり、とりわけ大きな大田口の瀬で締める。これを最後に続く2kmの瀞場は少し飽きてくるが、許容範囲内。
Dsc04024

豊永のテイクアウトは快適で、カヤックに乗り換え、そのまま大歩危ダウンリバーでこの日はトータル約40km。

【当日のデータ】
水量:早明浦ダム放流20.1-23.0t 豊永0.85-0.80m
プットイン:山崎ダム下
テイクアウト:豊永
所要時間:2.5時間
距離:約18km
ボート:インフレータブルSUP
グレード:2.5級

« 四国吉野川大歩危小歩危 2012.08.12-14 | トップページ | 奈半利川支流小川川 2012.08.15 »

リバーSUP」カテゴリの記事

四国吉野川系」カテゴリの記事

平水系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1140581/46770340

この記事へのトラックバック一覧です: 20120811.14 四国吉野川本山・山崎セクション リバーSUP:

« 四国吉野川大歩危小歩危 2012.08.12-14 | トップページ | 奈半利川支流小川川 2012.08.15 »

ウェブページ

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ