« 宮川(神通川)アッパー リバーSUP 2012.07.15 | トップページ | 保津川 2012.07.21 »

長良川リバーSUP 2012.07.16

増水長良は落ち込みが程良く埋まって快適。瀬は大きく長くSUP向きの良川。引き始めた増水のなか、釣り人もほとんどなく、梅雨最後の増水を満喫。
美濃0.78~0.70m
20120716_supmiyake_9


三連休最終日に予定していた飛騨川は、連休中も毎日雨のため水位が一向に下がらない。
前日の宮川の後、荘川へ移動、下見したものの、水量が多くSUPには良くないコンディション。
そこから動ける選択肢からでたのが長良川。多少の増水のほうが望ましく、前日までの高水位で釣り人もまだ出ていないと判断。

前回は渇水の中、郡上八幡から道の駅美並までのロングコースだったが、今回は郡上八幡から高砂遊遊ふれあい広場まで。
20120716_supmiyake_2

前回苦しめられた浅瀬も程よく水が被り、瀬の落差や障害物も適度に埋められていて調子良く下れる。
コンクリート塀の瀬も完全に水を被り問題なし。
20120716_supmiyake_5
20120716_supmiyake_8

オーナー針の長い瀬と、たちたちの瀬を過ぎしばらくすると、左岸に中華料理店が見えると相戸の堰堤である。この日は水量が多いため左岸からポーテージ。
20120716_supmiyake_14

三段の瀬では、下段の右岸に大きなタコツボ・エディが出来ていおり入ってしまうとでにくかったようだ。
スケボー、円空の瀬を過ぎ、程なくゴールになるが、今日はふれあい広場前の瀬もなかなかのものであった。
20120716_supmiyake_13

コースの核心は、オーナー針の瀬と、堰堤を挟んで、その下の三段の瀬である。二つとも非常に長くテクニカルなライン取りと漕ぎ抜くパワーを要する。ホールやポアオーバを避けると、反射波やボイルや渦にボードが食われる。
核心の二つ以外にも下り応えのある瀬が沢山あり、何度もニーリングを余儀なくされ、落水もしばしば。

チャレンジングなクラス3の増水長良川を満喫した。

【当日のデータ】
水位:美濃0.78~0.70m
プットイン:吉田川合流
テイクアウト:高砂遊遊ふれあい広場
距離:11km
所要時間:3時間
ボート:インフレータブルSUP
グレード:3.5級

« 宮川(神通川)アッパー リバーSUP 2012.07.15 | トップページ | 保津川 2012.07.21 »

リバーSUP」カテゴリの記事

増水系」カテゴリの記事

長良川系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1140581/46382214

この記事へのトラックバック一覧です: 長良川リバーSUP 2012.07.16:

« 宮川(神通川)アッパー リバーSUP 2012.07.15 | トップページ | 保津川 2012.07.21 »

ウェブページ

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ