« 保津川 2012.07.08 | トップページ | 宮川(神通川)アッパー リバーSUP 2012.07.15 »

手取川リバーSUP 2012.07.14

中下流コース。前半は水深不足だが、放水口から下流はパワフルで流速早く下り応えあり。
鶴来-1.87~-1.89m
20120714_supmiyake_10


20120714_supmiyake_2

渓谷美が魅力の手取峡は水量足りず、その下からのコース。
前半は発電取水の為か水量少なく、浅い瀬をラインに注意しながら進む。
20120714_supmiyake_4

落差が結構あるが、なかなか気持ち良くは下らせて貰えず、ボードが岩に張り付いてしまうことも。前半核心の猿飛の瀬も水深不足につきポーテージ。
旧カヌーアイランドを越えると夫婦岩。大きく綺麗な天然のアーチである。
20120714_supmiyake_14

そこからしばらく水量が少ない区間が更に続き、ついに流れが直角に曲がった不思議な場所に出る。あと何年も経つと三日月湖でも出来そうな渓相だ。
そのすぐ下のレンガ造りの発電放水口が盛大に放水しており、水量は一気に増す。早い流れに乗って、大きな三角波の瀬を一気に突き進む。
20120714_supmiyake_21

それからコース後半は、十分な水量とメリハリのあるドロップ&プール。瀬の流速は非常に早く、三角波とホールと岩壁にぶつかる大きなピロー。瀬の前半を辛くも乗り切ったとしても、出口でバランスを崩し落水することもしばしば。
川幅が開け、橋脚絡みの嫌らしい瀬を過ぎると、長いムービングウォーターの先に大きな堰堤が一つある。大きな中洲の比較的狭い左側を通り、落ち口左岸に取り付き魚道を使ってポーテージする。
その直下の瀬が大きい。
20120714_supmiyake_26
道の駅しらやまさん脇の瀬は、快適に下れそうだが、釣り人に配慮して、その次の国道157号鶴来バイパス橋下のシュートは、唯一行けそうなライン上に鉄筋が高く突き出しているため断念。
20120714_supmiyake_30

更に瀬は散発的に続き、ゴール地点にも大きな瀬があり、最後まで楽しませてくれる。
20120714_supmiyake_33

少ないながらも釣り人のために3~4の瀬をポーテージした。

【当日のデータ】
水位:鶴来-1.87~-1.89m
プットイン:バードハミング鳥越
テイクアウト:天狗橋手前右岸公園
距離:約8.5km
所要時間:4時間
ボート:インフレータブルSUP
グレード:3級

« 保津川 2012.07.08 | トップページ | 宮川(神通川)アッパー リバーSUP 2012.07.15 »

リバーSUP」カテゴリの記事

北陸の川」カテゴリの記事

増水系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1140581/46369277

この記事へのトラックバック一覧です: 手取川リバーSUP 2012.07.14:

« 保津川 2012.07.08 | トップページ | 宮川(神通川)アッパー リバーSUP 2012.07.15 »

ウェブページ

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ