« 櫛田川赤桶セクション リバーSUP 2012.06.23 | トップページ | 有田川明恵峡 2012.06.24 »

日高川鳴滝セクション 2012.06.24

支流の流入が大きかったのか、椿山放流の値よりはるかに水量多い。
椿山ダム放流70.2-61.2t
14_2


地獄の瀬は、左ルートから。瀬の入口にワンチャンスのビッグウエーブがある。
100m程の瀬を越えると、ムービングウォーターが300mほどあり、
もう鳴滝核心部である。
水量多いので、核心部はひと続きになっており、2~3のポワオーバーがあるが、回避は比較的容易。
鳴滝ウエーブは残念ながら出現していなかった。
212

変電設備が見えて来たゴール手前最後の瀬の入口右岸にウエーブホールがあって、担ぎあげでリエントリーしたが、端のホールはフラッシーだった。
31

前回訪れた時と比べて着実に復旧が進んでいるものの、被害の爪跡は依然として深い。
道路の通行は差し支えない。

水位:椿山ダム放流70.2-61.2t
プットイン:県道196号 佐井の橋上流側右岸
テイクアウト:きのくに中津荘前左岸公園
所要時間:1時間
距離:2.5km
ボート:ロデオ艇
グレード:3級

« 櫛田川赤桶セクション リバーSUP 2012.06.23 | トップページ | 有田川明恵峡 2012.06.24 »

増水系」カテゴリの記事

日高川系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1140581/45925859

この記事へのトラックバック一覧です: 日高川鳴滝セクション 2012.06.24:

« 櫛田川赤桶セクション リバーSUP 2012.06.23 | トップページ | 有田川明恵峡 2012.06.24 »

ウェブページ

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ