« 櫛田川香肌峡セクションショート&赤桶セクション 2012.05.05 | トップページ | 長良川リバーSUP(ロングコース) 2012.05.12 »

櫛田川赤桶セクション リバーSUP

前日のコースをSUPで下る。
水量・勾配ともにリバーSUP向きで、重点的に訪れたいフィールドである。
この水量なら赤桶セクションで十二分に楽しめる。
水量:田引0.43-0.33m
20120506_sup_0_2
Pic. by Swindog & S.Itakura

前日より水位は少しだけ下がったものの、まだまだ十分な流れの赤桶セクション。
水も濁ったままでフィンを水底に当てないように注意しながらルートを探っていく。
手に入れたばかりのMCITの突破力を如何なく発揮しホールやウエーブを乗り越えていく。
しかし瀬を上手く突破できたとしても、狭い流れの両岸に作用するボイルやピローに対処しきれず落水する事もしばしば。

20120506_sup_2

前日の下見カヤックのおかげでルートファインディングは確実で、前半の核心部はクリア。

20120506_sup_3

道の駅の前ではウエーブライディングにトライする。

20120506_sup_5

弁天の瀬では下見のうえ、序盤流芯にある2つの三角波の右側を抜けて、瀬の中程の岩は左側へ、一気にフェリーして巨大ホールを右岸から突破というコース取りが成功。
序盤の三角波でバランスを失って一瞬ニーライディングなったものの、すぐに持ち直して綺麗にフィニッシュ。

20120506_sup_6

弁天を過ぎると大きな瀬は無くゴールへ。

20120506_sup_7

【当日のデータ】
水量:田引0.43-0.33m
プットイン:赤桶堰堤下沈下橋
テイクアウト:向粥見のスロープ
所要時間:4時間
距離:約12km
ボート:インフレータブルSUP
グレード:3級

20120506_sup_8

« 櫛田川香肌峡セクションショート&赤桶セクション 2012.05.05 | トップページ | 長良川リバーSUP(ロングコース) 2012.05.12 »

リバーSUP」カテゴリの記事

増水系」カテゴリの記事

櫛田川系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1140581/45206405

この記事へのトラックバック一覧です: 櫛田川赤桶セクション リバーSUP:

« 櫛田川香肌峡セクションショート&赤桶セクション 2012.05.05 | トップページ | 長良川リバーSUP(ロングコース) 2012.05.12 »

ウェブページ

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ