« 益田川中山七里 2010.07.19 | トップページ | 小歩危&寺家ウエーブ 20100828 »

日高川 桧皮の滝・甲斐ノ川・鳴滝の3本セット 2010.08.01

プレーボートで安心して遊べる水量としては、3つのセクションともベスト水位か。
移動も短く、密度の高い1日。

桧皮:椿山ダム流入11:00-13:00 50.80-52.00t
甲斐ノ川:椿山ダム流入11:00-13:00 48.00-48.90t
鳴滝:椿山ダム放流16:00 49.80t

【桧皮ノ滝セクション】
流れの中の岩も適度に露出して、瀬にいい感じのメリハリを作り出している。
これがベスト水量かと思う。
核心最下部のウエーブは、すぐにフラッシュさせられるが、スピードと迫力があり面白い。
日高Mウエーブはベストの状態。
その他、随所に小遊び出来るウエーブやホールあり。

プットイン:六地蔵トンネル脇(上流側)
テイクアウト:集落手前吊橋右岸
水量:椿山ダム流入11:00-13:00 50.80-52.00t
距離:約5km
ボート:ロデオ艇
グレード:3級

【甲斐ノ川セクション】
甲斐ノ川ウエーブはこの水量でも無し。
ウエーブ脇の小ホールはいい感じ。
ゲーリーは形が非常に良いが漕ぎ上がり困難。ロープあればもっと遊べそう。
随所に小遊び出来るウエーブやホールあり。

プットイン:龍神村鍋坂(R424堰堤下)
テイクアウト:甲斐ノ川保
水量:椿山ダム流入11:00-13:00 48.00-48.90t
距離:約3km
ボート:プレイボート・ロデオ艇
グレード:3級

【鳴滝セクション】
初めての鳴滝は核心を挟んだショートコース。
スタートしてすぐの二股の右ルートは、地元では「地獄」と言われている凶悪ストッパーありとのことで左ルートを取る。
降って下から確認すると、この水量ではそれは出現しないようだ。
ワンチャンスだが核心部は入口に大きな形のいいウエーブ。迫力はあるが、捉まる危険性はない。
核心部を過ぎて下の鳴滝ウエーブが非常に良い。うまくエディを取れば繰り返し遊べる。担ぎ上げでリエントリー可能。小歩危の鉄橋ウエーブ以上にいいウエーブ。

水位:椿山ダム放流16:00 49.80t
プットイン:県道196号 佐井の橋上流側右岸
テイクアウト:きのくに中津荘前左岸公園
所要時間:0.5-1時間
距離:2.5km
ボート:ロデオ艇
グレード:3級

« 益田川中山七里 2010.07.19 | トップページ | 小歩危&寺家ウエーブ 20100828 »

増水系」カテゴリの記事

日高川系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1140581/36025021

この記事へのトラックバック一覧です: 日高川 桧皮の滝・甲斐ノ川・鳴滝の3本セット 2010.08.01:

» 日高川 3 セクション、満腹ダウンリバー [.diary]
日高川 2010.08.01 時間はカメラの記録から起こしたので、誤差あるかも ひわだの滝セクション (柳瀬取水堰 ~ 銀色の吊り橋) 11:00 ~ 13:00 甲斐の川セクション 14:00 ~ 15:30 鳴滝セクション 16:45 ~ 17:45 (橋の袂のスロープ ~ 発電所下) 高津尾観測所水位: 1.03m → 1.01m (16:00 ~ 18:00) 椿山ダム流入量 | 放流量推移 10:00 48.3m/s | 68.8m/s 11:00 50.8m&su... [続きを読む]

« 益田川中山七里 2010.07.19 | トップページ | 小歩危&寺家ウエーブ 20100828 »

ウェブページ

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ