« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

大内山川 2008.03.21,03.23

大内山川

櫛田川 アッパー 2008.03.20

櫛田川 アッパーセクション

水量:

プットイン:飯高町落方

テイクアウト:蓮合流地点

所要時間:3.5時間

距離:約9km

ボート:ロデオ艇

グレード:3級(5級あり)

前日の雨にもかかわらず、蓮ダム放水少なかったので蓮合流地点ゴールの上流の区間をダウンリバーした。途中、波瀬小学校前の堰堤をポーテージ。また、桑原(月出構造帯看板付近)の落ち込みをポーテージするため道路に出て大きく迂回を行なった。龍神のような川の感じで、しっかり遊べるホール、ウエーブありで、ダウンリバー敵にもプレー的にも満足のできるセクションであるが、非常に増水のチャンスは少ない。

安曇川ロング 2008.03.16

安曇川

水量:中村橋 0.02

プットイン:葛川森林キャンプ場前

テイクアウト:道の駅朽木新本陣下流橋右岸

所要時間:3時間

距離:約13km

ボート:ロデオ艇

グレード:3.5級

しょっぱなの久多合流手前の核心部は、水量のためややイージーに。遊べるスポット、ホール・ウエーブ数箇所。ダム1つ堰堤2つすべてポーテージした。中盤テトラがらみの瀬中央左側にテトラ注意、回避可能。(流れが左岸テトラにぶつかるところ)DRとしても十分は楽しめた。大歩危的なDRとなった。

御池川・神崎川(愛知川支流) 2008.03.15

御池川

水量:

プットイン:

テイクアウト:

所要時間:3時間

距離:約7km

ボート:クリーク艇

グレード:4.5級

見た目をはるかに超える流速と粘土質に濁った水のパワーでライン取りが非常に難しい。注意を要する。7kmの区間で170mもの高低差である。 堰堤1つポーテージ。天然の完璧な形のハイドローリックを備えた落ち込みあり。狭い落ち込みとそれに続く瀬でパドルを折ってしまった。相棒の予備パドルに助けられた。

神崎川

水量:

プットイン:

テイクアウト:

所要時間:0.5時間

距離:約1km(ダムを挟んで2km取れる)

ボート:クリーク艇

グレード:4級

雪融けプラス前日の雨量(35mmくらいか?)増水しても水が澄んでいる。流速早いが御池川ほどではない。瀬はスカウティング・ポーテージ可能。ダム手前の瀬を下っている最中にマイクロ230のスターンがボトムからデッキまで大きく割れて大破。途中でリタイヤとなった。距離は短いが凝縮された最高のクリークである。

有田川 2008.3.1

有田川

水量:金屋 0.71

プットイン:養殖センター横護岸

テイクアウト:松原橋(下修理川バス停)

所要時間:4時間

距離:約10km

ボート:ロデオ艇

グレード:3級

プレイスポットは80cm台より多い、(74cmのときよりも多いらしい)ウエーブが数箇所あり遊び応えあり。

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

ウェブページ

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ